3D CAD基礎講座 初心者のためのドローイング学習 補助ビューを作る方法

スポンサーリンク
CAD(Onshape)
スポンサーリンク

わんこな夫と申します。メカ系エンジニアとして約10年働いている者です

機械設計をする上でほとんどの場合3D CADが必要となります

このサイトでは3D CAD初心者の方やこれから始める方のために3D CADの基礎知識を紹介していきます

基礎知識を身につけることができればどの3D CADでもモデリングできるようになります

今回は補助ビューを作成する方法について紹介していきます

スポンサーリンク

補助ビューの作成

Onshapeを使って補助ビューの作成方法を紹介します

新規作成でファイルを作るところまでは割愛して説明していきます

Onshape無料で使用できます

登録方法とファイルの作成方法についてはこちらを参照ください

3Dモデルとはどんなものか

3D CADの概要を別の記事で紹介しています

こちらのドローイングの項目を見て頂くと、ドローイングがどんなものかわかるかと思いますので興味があれば確認してみてください

補助ビューとはなにか

補助ビューは正面視、上面視、下面視、側面視のような基本的な図を元に斜め方向から見た図を作ったもののことです

作成した3D形状は四角ベースのものばかりではなく斜めに傾いた部分を持つものよくあります

斜めの面に対して垂直方向から見た図を描きたいときに使われるコマンドになります

基本的な方向から見た図を作成する方法は別の記事で紹介していますので使い方がわからない方は確認してみてください

補助ビューを作成する方法

早速補助ビューを作成していきます

今回は簡単な板金プレス部品の3Dモデルを作成して図面化します

このモデルに対して正面視と上面視をあらかじめ用意しておいてください

このように斜めの面でも簡単に図面化することができてしまいます

斜めの面にある穴や形状の寸法を指示したいときにはこの補助ビューを使うととても便利です

場合によっては今回描いた図面のように自分が思った位置に図が配置できない場合がありますので位置合わせを抑制して図を配置し直してみてください

補助ビューの考え方

今回はOnshapeを使って補助ビューを使用してみました

補助ビューの作成方法は他のCADをでも似たような操作になります

Onshapeで補助ビューが使用できれば他のCADでもほぼそのまま使えると思って頂いて良いかと思います

クセの強いCADだと使い方が異なる場合もありますので、その時はマニュアルを見るか知っている人に聞いてみるのが良いかと思います

おわりに

今回は補助ビューを作成する方法を紹介しました

ビューを作る作業はどのCADでも必要な作業で使い方も似ているのでしっかり覚えていきましょう

できる限り他のCADでも使える知識をお伝えしていきます

ここで紹介した内容が参考になれば嬉しいです

この記事を読んで頂きありがとうございました

今日はここまでっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました