3D CAD基礎講座 初心者のための3Dの作り方 直線パターンの機能編

スポンサーリンク
CAD(Onshape)
スポンサーリンク

わんこな夫と申します。メカ系エンジニアとして約10年働いている者です

機械設計をする上でほとんどの場合3D CADが必要となります

このサイトでは3D CAD初心者の方やこれから始める方のために3D CADの基礎知識を紹介していきます

基礎知識を身につけることができればどの3D CADでもモデリングできるようになります

今回は直線パターンの使い方を紹介していきます

直線バターンは紹介する項目が多いため「直線パターンの機能編」と2回にわたって紹介します

スポンサーリンク

3Dを作る前に

3Dを作る前にスケッチという機能で3Dの元になるワイヤーフレームと呼ばれる線のデータを作る必要があります

使い方を一通り記事にしましたのでこちらを見て使い方を確認してみてください

スケッチ
「スケッチ」の記事一覧です。

直線パターン

Onshapeを使って直線パターンの使い方を紹介します

新規作成でファイルを作るところまでは割愛して説明していきます

Onshape無料で使用できます

登録方法とファイルの作成方法についてはこちらを参照ください

3Dモデルとはどんなものか

3D CADの概要を別の記事で紹介しています

こちらのソリッド、サーフェスの項目を見て頂くと、3Dがどんなものかわかるかと思いますので興味があれば確認してみてください

直線パターンの機能とは

直線パターンの機能は2つありますのでを簡単にまとめてみました

  • 通常片側にパターンを作成するが両側にパターンをつくる
  • パターンの作成する方向を増やす(パターンを1列から複数列に増やす)

どちらの機能も非常に便利で使いやすいものになります

これら二つの機能について紹介していきます

直線パターンの機能の使い方

先ほど紹介した機能はOnshapeではそれぞれ「中央揃え」、「二次方向」という名称になっています

早速紹介していきます

中央揃え

通常直線パターンは指定した方向の片側にパターンを作成します

中央揃えを設定すると指定した方向の両側にパターンを作成します

通常パターンを作る際のインスタンス数は下の形状を含めた数になります

中央揃えを設定した場合はインスタンス数を4と設定した場合、片側に3パターン作成し逆側にも3パターン作成します

二次方向

通常直線パターンは一つの方向にパターンを作成しますが、二次方向を使うことによりパターンを増やす方向を追加することができます

二次方向を設定することにより直線パターンに行と列を作ることができます

おわりに

今回は直線パターンについて紹介してきました

直線バターンは同じ形状を1コマンドでたくさん作成することができます

同じピッチで形状を作成するときには必ず使用するようにしましょう

このようなコマンドが使えるようになるとかなりのCAD作業を時短することができます

ここで紹介した内容が参考になれば嬉しいです

この記事を読んで頂きありがとうございました

今日はここまでっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました