3D CAD基礎講座 初心者のため基本操作 3Dの外観を変更する方法

スポンサーリンク
CAD(Onshape)
スポンサーリンク

わんこな夫と申します。メカ系エンジニアとして約10年働いている者です

機械設計をする上でほとんどの場合3D CADが必要となります

このサイトでは3D CAD初心者の方やこれから始める方のために3D CADの基礎知識を紹介していきます

基礎知識を身につけることができればどの3D CADでもモデリングできるようになります

今回は3D外観を変更する方法について説明をしていきます

スポンサーリンク

3Dを作る前に

3Dを作る前にスケッチという機能で3Dの元になるワイヤーフレームと呼ばれる線のデータを作る必要があります

使い方を一通り記事にしましたのでこちらを見て使い方を確認してみてください

スケッチ
「スケッチ」の記事一覧です。

外観を変更する方法

Onshapeを使って外観を変更する方法を紹介します

新規作成でファイルを作るところまでは割愛して説明していきます

Onshapeは無料で使用できます

登録方法とファイルの作成方法についてはこちらを参照ください

3Dモデルとはどんなものか

3D CADの概要を別の記事で紹介しています

こちらのソリッド、サーフェスの項目を見て頂くと3Dがどんなものかわかるかと思いますので興味があれば確認してみてください

外観パネルの使い方

3Dの外観は外観パネルで変更することができます

今回はこの外観パネルの使い方を紹介していきます

3D全体の色変更

3Dを作成すると自動で色がついてきますがこれを変更することができます

複数のパートを作った時や複数のパートをアセンブリした時に色分けしていると見やすくなったりします

3D一部の色変更

3Dの一部だけを色変更することもできます

やり方を知っておいて損はありませんが多用することはあまりありません

3Dを半透明にする

3Dを半透明にして他のパーツを見やすくすることもできます

構成部品が複数になる場合、手前に見えている部品を半透明にして後ろにある部品を見やすくすることができます

これは非常によく使いますので覚えておきましょう

カスタム色を使う

自分で色をカスタムしてその色を使うこともできます

部品が多くなってきた時に自分で色を作りその色を使うこともできます

テッセレーション品質

荒くすると3Dの円や曲線がカクカクになり、きめ細かくすると滑らかになります

練習する程度であれば自動から変える必要はないかと思います

複雑な3Dをたくさん作って画面が重くなってきたら荒くすると軽くなったりします

おわりに

3Dを色分けすると非常に見やすくなるのでおすすめです

CADの動きがもっさりしてきた時にテッセレーションの設定を変えると有効です

このようにCADの設定を変えるといろんなことが解決できたりします

CADに慣れてきたらいろんな設定をいじって試すのもCAD作業を効率化するコツとなります

ここで紹介した内容が参考になれば嬉しいです

この記事を読んで頂きありがとうございました

今日はここまでっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました