3D CAD基礎講座 初心者のためのアセンブリ学習 部品を置換する方法

スポンサーリンク
CAD(Onshape)
スポンサーリンク

わんこな夫と申します。メカ系エンジニアとして約10年働いている者です

機械設計をする上でほとんどの場合3D CADが必要となります

このサイトでは3D CAD初心者の方やこれから始める方のために3D CADの基礎知識を紹介していきます

基礎知識を身につけることができればどの3D CADでもモデリングできるようになります

今回は部品を複製する方法ついて紹介していきます

スポンサーリンク

部品の置換

Onshapeを使って部品を置換する方法を紹介します

新規作成でファイルを作るところまでは割愛して説明していきます

Onshape無料で使用できます

登録方法とファイルの作成方法についてはこちらを参照ください

3Dモデルとはどんなものか

3D CADの概要を別の記事で紹介しています

こちらのアセンブリの項目を見て頂くと、3Dがどんなものかわかるかと思いますので興味があれば確認してみてください

またモデリングのするためのコマンドについてもそれぞれ別の記事にしてあります

3D形状の作り方がわからない方はこちらから作り方を確認してみてください

ソリッド
「ソリッド」の記事一覧です。
サーフェス
「サーフェス」の記事一覧です。

部品の置換とはどんなものか

Onshapeのアセンブリでは一度挿入した部品を他の部品に置き換えることができます

例えばボルトナットを上下逆視してしまった場合にボルトとナットを互いに置き換えて逆にすることもできます

CADによっては3D形状をモデリングする工程の中で形状を置き換えて作業を楽にしたりすることがあり、形状を置き換えるということがどういったことか理解しておくとCADの知識の幅も広がります

部品を置き換える方法

今回はあらかじめ穴あきプレートとナットをスライダー合致で合致させておきこナットをボルトに置き換えていきます

このように部品を他の部品に入れ替えることができます

今回は同じドキュメント内の部品を選択しましたが他のドキュメントの部品を入れたりすることも可能です

やり方は「挿入する」コマンドとやり方は同じなので興味のある方はチェックしてみてください

置換の考え方

紹介した通りOnshapeであらかじめ用意した部品を他の部品に置換しました

他のCADでもアセンブリで部品を置換する機能を持つものもありますが、使用する頻度としてはそこまで多くならないと思います

形状を置き換えるということが今回紹介したようなことであることを知識として持っておくことをおすすめします

おわりに

今回は部品を置換する方法について紹介しました

アセンブリ内で部品を拘束していくのはどのCADでも共通の作業になります

但し、他のCADと拘束の仕方が多少違うかもしれませんが考え方は似ているところがあります

できる限り他のCADでも使える知識をお伝えしていきます

今回でアセンブリの基礎的なところは全て紹介できたかと思います

次回からドローイングの内容に入っていきます

ここで紹介した内容が参考になれば嬉しいです

この記事を読んで頂きありがとうございました

今日はここまでっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました