3D CAD基礎講座 初心者のためのドローイング学習 累進寸法を入れる方法

わんこな夫と申します。メカ系エンジニアとして約10年働いている者です

機械設計をする上でほとんどの場合3D CADが必要となります

このサイトでは3D CAD初心者の方やこれから始める方のために3D CADの基礎知識を紹介していきます

基礎知識を身につけることができればどの3D CADでもモデリングできるようになります

今回は図面に累進寸法を入れる方法について紹介していきます

累進寸法の使い方

Onshapeを使って累進寸法コマンドの使用方法を紹介します

新規作成でファイルを作るところまでは割愛して説明していきます

Onshape無料で使用できます

登録方法とファイルの作成方法についてはこちらを参照ください

3Dモデルとはどんなものか

3D CADの概要を別の記事で紹介しています

こちらのドローイングの項目を見て頂くと、ドローイングがどんなものかわかるかと思いますので興味があれば確認してみてください

なぜ寸法を入れる必要があるのか

最近では加工屋さんや3Dプリンターで物を作るときは3Dデータを渡してしまえば製品を作ってくれたりします

そう考えると図面や寸法っていらないのではと思たりするかもしれません

寸法の精度が問われない製品に関してはそれでも問題ありませんが、実際に様々な部品を扱う場合はそうはいきません

細かい指示をするためには図面が必要で「寸法」や「交差」などで示します

例えば2分割の箱のようなケースを作るときでも合わせの位置がずれたり穴の位置がずれたりすると組めなくなってしまいます

このようなことを防ぐためにも「寸法」や「交差」が大切になってきます

寸法はあらかじめ基本的な方向から見た図を作成しておかないと使用することができません

基本的な方向から見た図を作成する方法は別の記事で紹介していますので使い方がわからない方は確認してみてください

累進寸法の使用方法

今回は段付きシャフト形状をあらかじめ用意しておきます

このモデルに対してビューをあらかじめ用意しておいてください

このように累進寸法は基準から順番に寸法の値が入っていきます

通常の寸法を使って図面を作成することがほとんどかと思いますが、物によっては累進寸法で描かれているものもあるようなのでその時には思い出してコマンドを使って見て下さい

累進寸法の考え方

今回はOnshapeを使って累進寸法を使用してみました

寸法の作成方法は他のCADをでも似たような操作になります

ただし、寸法の細かい入れ方に関してはそれぞれのCADでクセが出てくる場合があります

その場合は寸法それぞれの「プロパティ」をいじればやりたいことができるようになっていたりしますので試してみてください

おわりに

今回は累進寸法を入れる方法を紹介しました

寸法を入れる作業はどのCADでも必要な作業で使い方も似ているのでしっかり覚えていきましょう

できる限り他のCADでも使える知識をお伝えしていきます

ここで紹介した内容が参考になれば嬉しいです

この記事を読んで頂きありがとうございました

今日はここまでっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA