3D CAD基礎講座 初心者のための3Dの作り方 ブリッジ曲線の使い方編

スポンサーリンク
CAD(Onshape)
スポンサーリンク

わんこな夫と申します。メカ系エンジニアとして約10年働いている者です

機械設計をする上でほとんどの場合3D CADが必要となります

このサイトでは3D CAD初心者の方やこれから始める方のために3D CADの基礎知識を紹介していきます

基礎知識を身につけることができればどの3D CADでもモデリングできるようになります

今回はブリッジ曲線の使い方について紹介していきます

スポンサーリンク

3Dを作る前に

3Dを作る前にスケッチという機能で3Dの元になるワイヤーフレームと呼ばれる線のデータを作る必要があります

使い方を一通り記事にしましたのでこちらを見て使い方を確認してみてください

スケッチ
「スケッチ」の記事一覧です。

ブリッジ曲線

Onshapeを使ってブリッジ曲線の使い方を紹介します

新規作成でファイルを作るところまでは割愛して説明していきます

Onshape無料で使用できます

登録方法とファイルの作成方法についてはこちらを参照ください

3Dモデルとはどんなものか

3D CADの概要を別の記事で紹介しています

こちらのソリッド、サーフェスの項目を見て頂くと、3Dがどんなものかわかるかと思いますので興味があれば確認してみてください

ブリッジ曲線とは

ブリッジ曲線は二つの線を繋ぐ曲線を作成するためのコマンドです

やれることとしては3Dスプラインと同じようなことができます

3Dスプラインとの違いは線の設定方法です

ブリッジ曲線の方が感覚的に形を決めることができます

3Dスプラインについては別の記事にしてありますので興味があれば確認してみてください

ブリッジ曲線はどのようなところに使われるのか

3Dスプラインはサーフェスを作成するための元になる線としてよく使われるものになるかと思います

先ほども紹介した通りスプラインは曲線を描くためのコマンドなので、スプラインから作成されるサーフェスは自由曲面になります

車のデザイン面のような寸法で決まっていない滑らかな曲面を作成することができます

ブリッジ曲線の使い方

ブリッジ曲線はコマンド単体では線を描くことができません

あらかじめ2本の線または3D形状のエッジを用意しておく必要があります

今回は使い方を理解して頂くために簡単な2本の線を元に使い方を紹介していきます

ここから3Dフィットスプラインを使用していきます

このように線と線を繋ぐ曲線を作成してくれます

線の頂点を選択するもしくは線を選択すると曲線を作成してくれます

マグニチュードとバイアスを変更すると曲線の形を変えることができます

マグニチュードは曲線の曲がり方の大きさ(曲率)を変更することができます

バイアスは曲率が一番大きくなる位置を変更することができます

ここが3Dスプラインとの違いになります

接続方法である点接続、曲線接続、曲率接続については別の記事にして解説します

おわりに

今回はブリッジ曲線について紹介してきました

3Dスプラインはサーフェスを扱うようになると非常に使い勝手の良いコマンドになります

初心者のうちはきれいなサーフェスを作成するのは難しいかもしれませんが、こんなことができるということは覚えておきましょう

ここで紹介した内容が参考になれば嬉しいです

この記事を読んで頂きありがとうございました

今日はここまでっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました