3D CAD基礎講座 初心者のための3Dの作り方 面を削除の使い方編

スポンサーリンク
CAD(Onshape)
スポンサーリンク

わんこな夫と申します。メカ系エンジニアとして約10年働いている者です

機械設計をする上でほとんどの場合3D CADが必要となります

このサイトでは3D CAD初心者の方やこれから始める方のために3D CADの基礎知識を紹介していきます

基礎知識を身につけることができればどの3D CADでもモデリングできるようになります

今回は面を削除の使い方について紹介していきます

スポンサーリンク

3Dを作る前に

3Dを作る前にスケッチという機能で3Dの元になるワイヤーフレームと呼ばれる線のデータを作る必要があります

使い方を一通り記事にしましたのでこちらを見て使い方を確認してみてください

スケッチ
「スケッチ」の記事一覧です。

面を削除

Onshapeを使って面を削除の使い方を紹介します

新規作成でファイルを作るところまでは割愛して説明していきます

Onshape無料で使用できます

登録方法とファイルの作成方法についてはこちらを参照ください

3Dモデルとはどんなものか

3D CADの概要を別の記事で紹介しています

こちらのソリッド、サーフェスの項目を見て頂くと、3Dがどんなものかわかるかと思いますので興味があれば確認してみてください

面を削除とは

面の削除は文字通りソリッドやサーフェスの構成面を削除するコマンドです

このコマンドは多機能になっていてただ単に面を削除するだけでなく穴が空いた面を修復することもできます

面を削除はどのようなところに使われるのか

先ほども少し紹介しましたが、Onshapeの面の削除には3つの機能があります

  • 分割した面を修復する
  • 複数の面を削除してキャップする
  • ただ単に面を削除する

複雑な面や一枚面を分割してしまった面を扱う際に分割した面を修復したりします

また、ソリッドに構造物かついている際にその構造の面を全て選択すると構造の形状のみを削除する際に使用したりします

面を削除の使い方

面を削除の3つの機能について紹介していきます

今回はそれぞれの機能が全く違うのでこれらのコマンドが面を削除にまとめられていることは覚えておきましょう

開いたままにする

開いたままにするは単純にサーフェスを消すコマンドです

今回はサーフェスデータを使用していきますが、「ラップの使い方」の形状分割で作成したモデルを使用していきます

このモデルの作り方についてはこちらの記事を確認してください

本題の開いたままにするを使っていきます

このように選択した面は削除されます

ソリッドの場合面を消すと開いたままになり、サーフェスになります

逆にこの開いたサーフェスに面を貼り直して合体させるとソリッドに戻ります

ヒール

ヒールは分割した面や穴を埋めた面を修復するコマンドです

このように面に穴が空いていたとしても元通りにできます

履歴がない3Dでも面をきれいにすることができます

ヒールにはもう一つ使い方があり、ソリッドの面を複数選択してその範囲を削除することができます

ここではソリッドを使用していきますが、「ブール演算の使い方」の結合で作成したモデルを使用します

モデルの作り方についてはこちらの記事を確認してください

本題のキャップを使っていきます

このようにいらない形状を消すときに便利です

こちらも履歴がない3Dでも操作することができるものになります

※キャップについてはヒールの面修復に似た機能ですので今回は割愛します

おわりに

今回は面を削除について紹介してきました

面を削除は履歴がない3Dでも操作することができる便利なコマンドです

人が作った3D形状で履歴がなかったとしてもこのコマンドを使えば便利に3D形状を変更することができます

使い方を間違うと履歴がややこしくなり過ぎてしまうので注意しましょう

ここで紹介した内容が参考になれば嬉しいです

この記事を読んで頂きありがとうございました

今日はここまでっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました