3D CAD基礎講座 初心者のための3Dの作り方 オフセットサーフェスの使い方編

スポンサーリンク
CAD(Onshape)
スポンサーリンク

わんこな夫と申します。メカ系エンジニアとして約10年働いている者です

機械設計をする上でほとんどの場合3D CADが必要となります

このサイトでは3D CAD初心者の方やこれから始める方のために3D CADの基礎知識を紹介していきます

基礎知識を身につけることができればどの3D CADでもモデリングできるようになります

今回はオフセットサーフェスの使い方について紹介していきます

スポンサーリンク

3Dを作る前に

3Dを作る前にスケッチという機能で3Dの元になるワイヤーフレームと呼ばれる線のデータを作る必要があります

使い方を一通り記事にしましたのでこちらを見て使い方を確認してみてください

スケッチ
「スケッチ」の記事一覧です。

オフセットサーフェス

Onshapeを使ってオフセットサーフェスの使い方を紹介します

新規作成でファイルを作るところまでは割愛して説明していきます

Onshape無料で使用できます

登録方法とファイルの作成方法についてはこちらを参照ください

3Dモデルとはどんなものか

3D CADの概要を別の記事で紹介しています

こちらのソリッド、サーフェスの項目を見て頂くと、3Dがどんなものかわかるかと思いますので興味があれば確認してみてください

オフセットサーフェスとは

オフセットサーフェスは元になるサーフェスを形状の法線方向に指定した寸法分を移動させたコピー形状を作成するコマンドです

オフセットの考え方はスケッチの時と考え方が同じで2Dと3Dの違いだけです

こちらの記事に考え方をまとめてありますので確認してみてください

オフセットサーフェスはどのようなところに使われるのか

オフセットサーフェスの便利なところは「オフセット前の形状からどれだけ離れているかわかる」ところです

そのため設計検討をしている際に部品と部品が干渉していないか確認するときにとても役に立ちます

製品としては車の内装や外装のデータを扱うときには使うことがありますが、それ以外で使用することはあまりないかと思います

オフセットサーフェスの使い方

まず、あらかじめ自由局面のサーフェスを用意しておきます

自由局面のサーフェスの作り方はこちらにまとめてありますのでチェックしてみてください

早速面をオフセットサーフェスを使っていきます

まずはサーフェスをオフセットしていきます

次にソリッドの構成面をオフセットしていきます

このようにオフセットすると面が全方向に一定量移動した形状を作成します

全方向に一定量移動しているためオフセット前の形状から指定した量だけ離れている位置がわかります

その位置を目安に周辺部品との位置関係を決めたりします

おわりに

今回はオフセットサーフェスについて紹介してきました

オフセットサーフェスはサーフェスの作り方の中でも基本の作り方になります

サーフェスからソリッドを作る「厚みつけ」も考え方としてはオフセットサーフェスを使用したものになります

ここで紹介した内容が参考になれば嬉しいです

この記事を読んで頂きありがとうございました

今日はここまでっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました