3D CAD基礎講座 初心者のための3Dの作り方 囲い込みの使い方編

スポンサーリンク
CAD(Onshape)
スポンサーリンク

わんこな夫と申します。メカ系エンジニアとして約10年働いている者です

機械設計をする上でほとんどの場合3D CADが必要となります

このサイトでは3D CAD初心者の方やこれから始める方のために3D CADの基礎知識を紹介していきます

基礎知識を身につけることができればどの3D CADでもモデリングできるようになります

今回は囲い込みを使った3Dの作り方ついて説明をしていきます

スポンサーリンク

3Dを作る前に

3Dを作る前にスケッチという機能で3Dの元になるワイヤーフレームと呼ばれる線のデータを作る必要があります

使い方を一通り記事にしましたのでこちらを見て使い方を確認してみてください

スケッチ
「スケッチ」の記事一覧です。

囲い込み

Onshapeを使って囲い込みコマンドを紹介します

新規作成でファイルを作るところまでは割愛して説明していきます

Onshape無料で使用できます

登録方法とファイルの作成方法についてはこちらを参照ください

3Dモデルとはどんなものか

3D CADの概要を別の記事で紹介しています

こちらのソリッド、サーフェスの項目を見て頂くと、3Dがどんなものかわかるかと思いますので興味があれば確認してみてください

囲い込みとはどんなものか

囲い込みとはいくつかのサーフェスに囲まれた範囲をソリッドにするものです

Onshapeでは面の端をきれいに揃えて全ての方向を囲むと自動でソリッドになります

コマンドは必要ありませんが、この機能も囲い込みの一種です

他のCADでは囲い込みを使わないとソリッドにしてくれないものもありますので注意しましょう

今回使う囲い込みは面の端がきれいに揃っていない場合でもサーフェスで囲まれている範囲をソリッドするという機能です

あらかじめ作っておいた形状に新しい形状を付け足したい時などに使われます

囲い込みの使い方

囲い込みを使ってサーフェスからソリッドを作っていきます

まずはスケッチを用意してサーフェスを作成します

サーフェスができたら囲い込みを使っていきます

囲い込みは複数のサーフェスを選択することで作成できます

今回のサーフェスは簡単に用意したものですが、作っておいた3Dの面と付け足したいサーフェスを囲い込んで形状を追加することもできます

こちらの方が実際に使うことは多いかと思います

おわりに

厚みつけに続きサーフェスをソリッドにする方法を紹介しました

囲い込みはサーフェスを使っていると使い勝手の良いコマンドです

複雑なサーフェスでも囲い込むことでサーフェスの形を使ってソリッドにすることができます

頻繁に使うコマンドではないかもしれませんが、使い方を知っていると困った時に意外と役に立ちます

ここで紹介した内容が参考になれば嬉しいです

この記事を読んで頂きありがとうございました

今日はここまでっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました