3D CAD基礎講座 初心者のためのスケッチの使い方 幾何拘束(垂直、同等、中点)の使い方

スポンサーリンク
CAD(Onshape)
スポンサーリンク

わんこな夫と申します。メカ系エンジニアとして約10年働いている者です

機械設計をする上でほとんどの場合3D CADが必要となります

このサイトでは3D CAD初心者の方やこれから始める方のために3D CADの基礎知識を紹介していきます

基礎知識を身につけることができればどの3D CADでもモデリングできるようになります

今回は3Dの基本となるスケッチを使って幾何拘束について説明をしていきます

スポンサーリンク

スケッチとは

スケッチに関しては別の記事で詳細を紹介しております

興味があればこちらを確認してみてください

幾何拘束とは

Onshapeのスケッチ機能を使って幾何拘束について紹介します

新規作成でファイルを作るところまでは割愛して説明していきます

Onshapeは無料で使用できます

登録方法とファイルの作成方法についてはこちらを参照ください

幾何拘束とはどんなものか

幾何拘束とはどんなものか、どんな種類かあるのかといったことを別の記事にまとめました

興味があればこちらを確認してみてください

今回紹介する幾何拘束

今回は3つの幾何拘束を紹介していきます

  • 接線
  • 水平
  • 垂直

他の幾何拘束については別の記事で紹介していますので興味があればチェックしてみて下さい

垂直の使い方

まずは垂直の使い方から紹介していきます

垂直とはスケッチで描いた線を二つ選択してそれらを90°にするものです

垂直は二つの要素を選ぶだけで設定できます

「垂直」だけだと線の端点が離れてしまうため「一致」と一緒に使われることが多いかと思います

あらかじめ用意した直線に対して垂直に合わせて線を引くと自動で垂直を入れることもできます

同等の使い方

次に同等の使い方を紹介します

同等とは二つの直線同士の長さや円弧同士の半径を同じにするコマンドです

同等についても二つの要素を選択すれば設定できます

同等は便利なコマンドですが他のCADにはない可能性もありますのでその場合は他のやり方で代用しましょう

中点の使い方

最後に中点の使い方を紹介します

中点とは線や円弧の中点に他の線や円弧の端点を一致させるものです

中点についても二つの要素を選択すれば設定できます

あらかじめ用意した直線や円弧に対して中点近くに合わせて要素を作ると自動で中点を入れることもできます

おわりに

今回はたくさんある幾何拘束のうち3つを紹介しました

幾何拘束の考え方はどのCADでも共通のものになりますので、しっかりと身につけておくことをおすすめします

幾何拘束を使い始めると寸法を入れた時に過剰拘束になってしまうことがあります

拘束を入れすぎるとエラーになってしまうので注意しながら拘束条件を入れていきましょう

ここで紹介した内容が参考になれば嬉しいです

この記事を読んで頂きありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました